外国人献金で辞任否定=菅首相|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

外国人献金で辞任否定=菅首相

日記 
菅直人首相は29日午前の参院本会議で、自身の資金管理団体が外国人から献金を受けていた問題に関連し、「一般論として、首相の法令違反にかかる出処進退は、罰則が適用されるか否かが前提だ」と述べ、引責辞任を否定した。自民党の松村祥史氏への答弁。
 政治資金規正法は、外国人から献金を受領することを禁止し、故意に違反した場合には、3年以下の禁錮または50万円以下の罰金に処すると定めているが、首相は繰り返し「献金者が外国籍だと知らなかった」と説明している。首相の発言は、進退を問われるのは本人が刑事処分を受けた場合に限るとし、今回の献金問題は該当しないとの認識を示したものだ。 

・・・もういい加減にして欲しい。

いちいち理由つけては延命、延命でうんざり・・・。

法律違反しているのに、責任取らないとか何なんだ・・・。

仮にも一国の首相がそんな恥知らずな真似するとか情けない。

それに今夜記者会見するらしいですね。

何言い出す気やら・・・。

辞めるって言っている首相の言葉を聴く必要あるのだろうか。

また個人的見解を述べるだけの自己満足会見ならしなくていいのに。

辞任会見・・・、な訳ないか・・・。
2011年07月29日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます