政権批判「あまりに短絡的」=不信任の動きけん制―仙谷副長官|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

政権批判「あまりに短絡的」=不信任の動きけん制―仙谷副長官

日記 
ブログネタ
.気になったニュース37 に参加中!
仙谷由人官房副長官は30日午前の記者会見で、東京電力福島第1原発事故の対応に関する菅政権への批判について「今回の事故は対処し切れない部分が多々ある。政権が代われば何とかなるという簡単な話ではない。あまりに短絡し過ぎだ」と述べ、野党の内閣不信任決議案提出や、民主党内の同調の動きをけん制した。
 その上で仙谷氏は「(衆院と)参院でねじれているので、与野党が協力しなければ(震災や原発事故は)乗り越えられないとの基本認識だ」と語り、自民党との大連立の必要性を指摘した。 

何か他人事に聞こえるんだよなぁ・・・。

震災からこれだけ時間経っても、これといって好転していない現状は問題だと思う。

普通なら、不信任案を出す状況でないのも分かるけど、それだけ今の現状が問題だという事でしょう。

それに震災後、ちゃっかりと役職に復帰したり、過去の自衛隊への暴言とか、この人は好きになれない。

2011年05月30日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます