丸岡受刑者が死去=元日本赤軍幹部、医療刑務所で|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

丸岡受刑者が死去=元日本赤軍幹部、医療刑務所で

日記 
ブログネタ
.気になったニュース37 に参加中!
日本航空機が乗っ取られた1973年の「ドバイ事件」と77年の「ダッカ事件」でハイジャック防止法違反などの罪に問われ、無期懲役の判決が確定し、服役中の元日本赤軍幹部丸岡修(まるおか・おさむ)受刑者(60)が29日午前8時半ごろ、東京都八王子市の八王子医療刑務所で死去したことが関係者の話で分かった。
 関係者によると、死因は不明だが、ここ数年は拡張型心筋症のため酸素吸入を受けている状態が続いており、刑の執行停止を申し立てていた。
 丸岡受刑者は他のメンバーと共謀し、73年7月にパリ発東京行きの日航機をハイジャック。77年9月にはパリ発東京行き日航機を乗っ取り、超法規的措置で受刑者ら6人を釈放させ、日本政府から身代金600万ドルを奪った。
 87年11月、他人名義の旅券で帰国したところを警視庁公安部に逮捕された。一、二審ともに無期懲役判決を受けたが、二審途中の96年2月、東京拘置所内で肺炎から危篤状態となり、一時公判が中断した。最高裁は2000年3月、一、二審判決を支持し、上告を棄却する決定した。 

・・・何かねぇ、こういう人間が病院のベッドの上で亡くなるのは複雑ですね。

自由はないでしょうが、寝食あって生活できるのだからと思ってしまいますね。

それに死去って表現おかしくない?

仮にも受刑者なのだから、死亡では?

2011年05月29日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます