「日本人は犬、助けるな」発言の議員補佐が解任=台湾|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

「日本人は犬、助けるな」発言の議員補佐が解任=台湾

日記 
ブログネタ
海外で起きた事件 に参加中!
台湾の黄昭順・立法院委員は14日までに同委員事務室の趙志勲主任を解任したと発表した。趙元主任は、日本の東北・関東地方で11日に発生した大震災と尖閣諸島の問題を絡め、インターネットで「助ける必要はない」、「日本人は犬だ」などと表明し、非難が集中していた。立法院委員は台湾の「議会議員」に相当する。委員の事務所主任は「議員補佐」の役職。中国新聞社が報じた。

 趙元主任は12日、インターネットで「なぜ、日本人を助ける必要があるのか。釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)をまず考えるべきだ」との意見を表明した。「軍を釣魚島に出動させるチャンス」とのコメントが寄せられると、さらに「東京を攻めて、数千万人を殺してやりたい」、「訂正。殺すのは日本の犬どもだった」などと書き込んだ。

 同書き込に対して、非難の書き込みが殺到した。趙元主任の上司にあたる黄委員に対しても「選挙の時に、1票を使って制裁を」などの批判が寄せられた。

 黄委員は趙元主任の解任を発表し、取材に対しては「心が痛む。社会各界の皆さんにお詫びする。日本の被災者の皆さんにお詫びする」などと、謝罪の言葉をひたすら繰り返したという。

・・・こんな時に何と言う発言を。

立場ある人間とは思えませんね。

尖閣問題をここでも引っ張り出したり、殺害など言及するのは反日感情なのかもしれませんが、人間としてもう終わっているな・・・。

こういう人が一部だと信じたいです。


韓国もキリスト教の牧師が「信仰的にあまりにも神様を遠ざけている日本国民は偶像崇拝や無神論、物質主義に陥っている。日本震災はこれに対する神様の警告だ」などと意味不明な事言ってたりと・・・、こういうのはどこでもいるんだな・・・。


2011年03月14日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます