早大入試でも不正か=同じハンドルネームで解答要望|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

早大入試でも不正か=同じハンドルネームで解答要望

日記 
ブログネタ
.気になったニュース36 に参加中!
京都大の入学試験問題が試験時間中にインターネット上の掲示板に投稿された問題で、早稲田大の入試でも同じハンドルネームの人物から、解答を求める投稿があったことが27日、分かった。
 投稿があったのは12日午前10時から行われた早大文化構想学部の英語の試験。漫画や小説、映画の楽しみ方に関する英文を、英語で要約する問題について、試験開始から約68分後に解答を求める質問がインターネットの掲示板「ヤフー知恵袋」に投稿された。日本語で解答を考えたとみられ、「英訳してください」と書かれていた。
 投稿者は京大などと同じ「aicezuki」。質問に対する最初の答えが書き込まれたのは約4分後で、試験時間中だった。
 この投稿者は同志社大(8日)、立教大(11日)、京大(25、26の両日)の英語や数学の試験でも、いずれも時間中に回答を得ていた。
 早大は「できるだけの調査を行い、不正は厳正に処分する」、立教大は「他大学と連携して、個人の特定や原因究明を進めたい」としている。また、同志社大は「不正があった場合の処分と共に、再発防止を考える必要がある」として、調査委員会を立ち上げた。
 私立の3大学は既に合格者を発表済みで、試験のやり直しなどは行わない見込み。

これは、一体どうやっているんですかねぇ・・・。


おそらく個人でなくて、複数とかによるものだと思うのですが、早い内に真相を明らかにしてほしいですね。

こういう事がまかり通ると、真面目にやっている人がバカみたいですからね。

・・・もしかしたら、過去にもこういう手口ですり抜けた連中がいるのかな・・・。
2011年02月27日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます