衆院16人が会派離脱表明=小沢氏系、首相退陣を要求―再可決絶望的・民主|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

衆院16人が会派離脱表明=小沢氏系、首相退陣を要求―再可決絶望的・民主

日記 
ブログネタ
.気になったニュース36 に参加中!
民主党の渡辺浩一郎氏ら小沢一郎元代表に近い比例代表選出で当選1、2回の衆院議員16人は17日午前、党執行部が決めた小沢氏処分や菅直人首相の衆院選マニフェスト(政権公約)修正の動きに反発し、衆院の民主党会派からの離脱を党の事務局を通じ岡田克也幹事長に申し入れた。この後、渡辺氏らは衆院議員会館で記者会見し、「無原則に政策修正を繰り返す菅政権に正統性はない」と述べ、事実上菅政権の退陣を求めた。これに対し、執行部は、会派離脱を認めず、党の方針に従うよう説得する考えだ。

 特例公債法案など2011年度予算関連法案の参院での否決が確実視される中、16人が倒閣も辞さず会派離脱の動きに出たことで、衆院で3分の2以上の勢力を確保して再可決・成立させるのは絶望的となり、政権維持を図る首相は一層苦しい立場に立たされた。

 会見で渡辺氏らは、小沢氏を党員資格停止とする執行部の方針を念頭に「菅政権の党運営が問題だ」と批判。予算関連法案への対応について「中身を精査して判断したい。(民主党と別の投票行動も)あり得る」と述べ、反対の可能性を示唆した。ただ、離党については「想定していない」と明確に否定した。

 渡辺氏らは会見に先立ち、国会内の幹事長室を訪問し、岡田氏宛ての会派離脱願を党職員に提出。16人は新会派「民主党政権交代に責任を持つ会」(会長・渡辺氏)を衆院事務局に届け出た。ただ、新会派の結成には、民主党会派代表の岡田氏の承認が必要のため、現時点では認められない可能性が高い。岡田氏は国会内で記者団に「規約上、離脱はできない。党所属議員なので決まったことを守るのは当然だ」と述べ、会派離脱願を受理しない方針を示した。 

結局どっちもどっちだなぁ・・・。

別に勝手に揉めて、分裂、各個崩壊ってのは良い事でしょうけどね。

「小沢系」って表現が何とも薄気味悪い・・・。

何かあると小沢、小沢と・・・、何の弱みでも掴まれているのかと思う程に一途ですなぁ。

気になったのは会派は離脱しても、離党はないの?

・・・何か都合よくないですかねぇ、これは。

まぁ、某山さんみたいに方便も使い放題ですので、都合のいい事ばかりなのでしょうが。



2011年02月17日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます