四川の偽ガンダムが解体へ、「世論の圧力に押された」=中国|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

四川の偽ガンダムが解体へ、「世論の圧力に押された」=中国

日記 
ブログネタ
.気になったニュース35 に参加中!
四川省の遊園地「国色天郷楽園」内に建てられた巨大な山寨(ニセ、パクリの意)ガンダム像が取り壊される見通しであることが分かった。21日付新浪ニュースが報じた。

 偽ガンダムは、2009年に東京・お台場の潮風公園で都市緑化推進イベント「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」で登場した等身大スケールの「機動戦士ガンダム」にそっくりだ。

 ガンダムに関する映像著作権や商品化権を持つ株式会社創通は、偽ガンダムについて調査を進め、著作権侵害に対する損害賠償を請求する可能性もあるとしている。国色香楽園側は、「同園にあるロボットは完全なるオリジナルデザインで、日本のガンダムを盗作したものではない」と主張した。

 しかし、偽ロボットの肩にはEFSF(地球連邦宇宙軍)やWB(ホワイトベース)という本物と同じ文字が刻まれていることや、同園のオフィシャルサイトで悪びれた様子もなくガンダムという名称が使用されていたことが指摘された。

 記事は、「同園側は世論の圧力に押され、偽ガンダムの取り壊しに着手した」と報じた

圧力って・・・。

何でこういう言い方しか出来ないのかなぁ・・・。

あれはテレビで見ましたが、ガンダムを知っていればほぼまんまだという事が分かるほどの酷似っぷりでしたからねぇ・・・。

まぁ、ほとぼりがさめた頃にまたやらかすのでしょうけどね。
2010年12月22日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます