坂田引退か…壮絶血染めの完敗|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

坂田引退か…壮絶血染めの完敗

日記 
ブログネタ
.気になったニュース34 に参加中!
「デイリー後援・WBA世界フライ級タイトルマッチ」(25日、東京ビッグサイト東4ホール)
 王者・亀田大毅(21)=亀田=が、挑戦者・坂田健史(30)=協栄=に3‐0の判定で勝ち初防衛に成功した。

 血染めの坂田が壮絶に散った。「最後のつもりで戦う」‐。ボクサー人生をかけた大一番。左右の目の上をカットし、流血で真っ赤に染まった坂田の顔面は、余裕を見せる9歳下の大毅とは対照的に、硬くこわばっていた。身上のスタミナで期待された終盤の反撃もなく、逆に失速して最大8ポイント差の判定完敗。「一生懸命にやったが…。応援してくれた人を裏切って申し訳ない」と言葉を絞り出した。
 3回、偶然のバッティングで右目上をカットした。流血が止まらず、2分過ぎには大毅の左フックでよろめいた。9回、大毅の右フックで今度は左目上をカット。滴り落ちる鮮血にまばたきし、“赤い視界”に浮かぶ強敵と戦った。リングサイドには10月で1歳となる長女・夕空ちゃんを抱いた妻・志江さんがいた。家族のためにも負けられない。歯を食いしばって立ち続けたが、状況を打開する力はなかった。
 大竹重幸トレーナは「(亀田陣営に)研究されていた。坂田の持ち味を殺された」と敗因を分析。金平会長は「いつもの回転力がなかった。連打が出ず、単発だった」と、本来の坂田とは違う“異変”を指摘した。
 限界なのか‐。進退をかけた試合に敗れたことで、『引退』の2文字が浮上する。坂田は今後について「考えたいと思います」と明言を避けた。金平会長も「本人が決めること。まずは休ませて、それから考える」とした。客席からは「次、頑張れ!」と現役続行を望む声も。坂田は「本当にありがたい。声援のおかげで最後まで戦えた。毎日の練習にも耐えられる」。ファンの思いもくみながら、今後の人生を熟考することになりそうだ。

昨日見てましたが、う〜ん、確かにうまく相手に力を削がれたような感じでしたね・・・。

亀田選手も内藤選手とやった頃からは、かなり見違えた感じがあったけど、あまりワクワクしないのは何でだろうなぁ・・・。

2010年09月26日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます