中国人船長、処分保留で釈放へ=「日中関係を考慮」―尖閣沖漁船衝突・那覇地検|気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

中国人船長、処分保留で釈放へ=「日中関係を考慮」―尖閣沖漁船衝突・那覇地検

日記 
ブログネタ
信じられないニュース に参加中!
沖縄県の尖閣諸島沖で中国の漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、石垣海上保安部が公務執行妨害容疑で逮捕した中国人船長※(※=簷の竹かんむりを取る)其雄容疑者(41)について、那覇地検は24日、国民への影響や日中関係などを考慮した上で、処分保留で釈放することを決めた。早い段階で釈放したいとしている。
 事件に端を発した対立の影響が経済分野にも飛び火する中、緊張関係がこれ以上続けば不測の事態を招きかねないと判断したとみられる。対中関係に配慮した船長釈放は内外の批判を招きそうだ。
 同地検の次席検事は記者会見し「わが国国民への影響や今後の日中関係も考慮すると、これ以上容疑者の身柄拘束を継続して捜査を続けることは相当ではない」と述べた。その上で「事件に計画性はなく、わが国での前科がないなどの事情が認められる」とした。
 法務省幹部は、法務大臣による指揮権発動については否定している。
 那覇地検は、漁船が故意に巡視船に衝突したとしており、船長の処分については今後決定する。 

・・・釈放するとは、ここまでバカとは思わなかった。

これで尖閣諸島は、向こうのものという大義名分を与えてしまった・・・。

何かしても、脅せばOKだと思わせる事に・・・。

政府は無能だというのをアピールしただけですね。

これじゃ拉致など解決できようもない・・・。

正当な逮捕できないなら、無法状態じゃないか・・・。
2010年09月24日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます