気になるニュース

気になるニュース

タイトル通りの自分が気になったニュースを紹介しています。

information

殺害された10代妊婦から取り出された赤ちゃん、約2か月後に死亡 米シカゴ

日記 
米シカゴで今年4月に、男女3人がベビー用品を無償提供すると約束して妊娠中の女性を誘い込み、殺害して胎児を取り出した事件で、入院していた赤ちゃんが、事件から2か月近くたった14日に死亡した。女性の遺族が明らかにした。

 警察によると、妊娠9か月だったマルレン・オチョアロペス(Marlen Ochoa-Lopez)さん(19)は4月23日、シカゴに住むクラリサ・フィゲロア(Clarisa Figueroa)容疑者(46)と、娘のデシリー・フィゲロア(Desiree Figueroa)容疑者(24)からフェイスブック(Facebook)グループを通じてベビー用品をあげると言われて誘い出され、絞殺された後、胎児を摘出された。

 クラリサ容疑者は緊急通報番号に電話をかけ、自分が産んだ赤ちゃんが息をしていないと主張していたという。警察は、オチョアロペスさんが行方不明になってから約3週間後の5月14日、クラリサ容疑者宅を捜索し、ごみ箱の中に隠されていた遺体を発見した。

 遺族によると、赤ちゃんは入院して生命維持装置を付けられていたが、脳死と判定された。遺族の代弁者はフェイスブックの投稿で、「赤ちゃんの死を皆さんに伝えるのは非常に悲しい」と語った。

 警察は、クラリサ容疑者と娘のデシリー容疑者を第1級殺人と幼児に対する加重暴行の容疑で、また、クラリサ容疑者の交際相手ピオトル・ボバック(Piotr Bobak)容疑者を殺人事件の隠蔽(いんぺい)容疑で逮捕していた。

 しかし赤ちゃんの死亡を受け、遺族側のフランク・アビラ(Frank Avila)弁護士は記者会見で、3容疑者を赤ちゃんに対する殺人の罪にも問うよう求めていくと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


亡くなってしまったんですね・・・。

身勝手な犯人たちの行動で、罪もない母子が亡くなったのはたまりませんね。

母体を殺害して取り出しているんだから、そりゃ、病院みたいな衛生管理もないだろうし、影響がない訳はありませんよね。

結局、本当に犯人は子供が欲しかっただけなのだとしたら、他に方法はあったろうに・・・。
2019年06月15日| Edit

中3、缶チューハイ取り上げた教師にけが負わす

日記 
 
校内に持ち込んだ缶チューハイを取り上げられたことに腹を立て、教師にけがを負わせたとして、高知県警高知東署は10日、高知市内の中学校に通う3年の男子生徒(14)を傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、男子生徒は5月28日午後2時40分頃、缶チューハイを50歳代の男性教員に取り上げられたことに逆上。男性教員の体を渡り廊下の手すりに押し付けるなどして、腰などに軽傷を負わせた疑い。

 男子生徒は今月4日にも缶チューハイを持ち込み、注意した別の教員に暴力を振るったといい、同校は「学校の指導の範囲を超えている」と被害届を出していた。男子生徒は容疑を認めているという。


・・・理由がろくでもないですね、呆れる。

酒持って、学校に来れる神経が理解できない、14歳でしょ、どんな馬鹿なんだか。

自分の子供のころに比べると、大分生徒側が舐めている節もありますしねぇ、教師の事を。

まぁ、この件に関しては舐めているとか越えている話ですが。

年取っても同じ様な犯罪して逮捕されそうな未来が見えるなぁ・・・。



2019年06月14日| Edit

「ハブにかまれた」信じなかった医師 足に後遺症、沖縄県に2800万円賠償命令

日記 
ハブに左足をかまれ、沖縄県立中部病院に救急搬送された男性(43)が、医師からハブ抗毒素血清の投与が遅れたことで後遺障害を負ったとして、県に慰謝料など約3800万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が11日、那覇地裁であった。平山馨裁判長は医師の注意義務違反を認め、県に約2800万円の支払いを命じた。

 県側は血清投与が遅れた過失は認めており、損害額の評価が争点だった。

 判決によると、男性は2016年11月夜、自宅でハブにかまれたと訴え、県立中部病院に搬送された。血清は6時間以内に投与することが有効とされるが、担当した研修医は「ハブにかまれたと断定できない」として投与しなかった。翌朝に主治医が投与を指示したが、搬送から約9時間が経過していた。男性は左足に後遺障害を負った。

 県病院事業局は「治療行為の一部に適切さを欠いたことは認め、裁判には真摯(しんし)に対応してきた。賠償額については弁護士とも相談し、適切に対応したい」とコメントした。


何で信じないんだろうかと思ったら、研修医か・・・。

こういう所は、マニュアルというか現場の経験がないのが分かりますね。

こうなる前に主治医に相談とか聞けなかったのだろうか、9時間も放置して。

何のために緊急搬送されたのに、投与しないんだか、責任持てないとかなんだろうけども・・・。

後遺症どころか命を落としたらどうするんだか・・・、怖いですね。
2019年06月13日| Edit

犬猫にマイクロチップ義務付け=虐待罰則も強化−改正動物愛護法成立

日記 
犬や猫に所有者の情報を記録した「マイクロチップ」装着を義務付けることなどを柱とする改正動物愛護法が12日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。

 飼い主がペットを安易に捨てることを防ぐほか、災害などで迷子になった際に役立つ。生後56日以内の犬や猫の販売禁止や動物虐待への罰則強化も盛り込まれた。改正法は議員立法。

 マイクロチップは直径2ミリ、長さ12ミリ程度の円筒形で、獣医師が注射器で犬や猫の体に埋め込む。記録された15桁の番号を専用の機械で読み取ると、飼い主の情報と照合できる。

 改正法は、犬や猫の販売業者に対し、マイクロチップの装着と所有者情報の環境相への登録を義務付ける。登録された犬猫を購入した飼い主には、情報変更の届け出を義務付ける。既に飼っている人には、装着の努力義務を課す。

 改正法は他に、出生後56日(8週)たっていない犬や猫の販売を原則禁止。現行法にも同じ規定はあるが、ペット業者らの要望を踏まえ、経過措置として「49日(7週)」とされていた。

 動物の虐待への罰則も強化。現行は、動物を殺傷した場合「2年以下の懲役または200万円以下の罰金」を科しているが、「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げる。

 原則、公布から1年以内に施行するが、マイクロチップの義務化は3年以内、「56日」規制は2年以内とする。 


まぁ、昨今の状況を考えると仕方ないのかもしれませんが、こんな義務化しなければ守れないのかと思うと何か複雑ですねぇ。

しかし、これは無料で行えるものでもないでしょうし、それなりに負担になりそうですね。

でも、これで今後、安易に飼わない人が増えれば、それだけでも利点になり得るのかな。

気になるのは、こういう法やルールを守る人は元々、安易に捨てる事はないでしょうけども、守らない奴が捨てたりする訳で…、どれだけ効果があるのかは。

多少なり減れば良いですね。
2019年06月12日| Edit

窓開け大音量でハードロック、53歳逮捕 静穏妨害容疑

日記 
 自宅の窓を開けて大音量でハードロックなどを聴き続けたとして、京都府警は10日、京都市西京区の無職の男(53)を軽犯罪法違反(静穏妨害)の疑いで逮捕し、発表した。周辺住民の110番通報などで駆けつけた警察官が10回、音を小さくするよう求めたが、聞き入れず窓も閉めなかったという。男は「趣味で聴いていた。大きい音を流したのは間違いない」と話しているという。

 西京署によると、逮捕容疑は昨年8月〜今年3月の10回、戸建ての自宅でCDラジカセなどで大音量で音楽を聴き続け、近所に迷惑をかけたというもの。朝の7時半や夜の9時過ぎの時間帯もあった。駆けつけた署員に、「趣味でやっているんだ」「帰れ」などと言い返したという。

 府警には2017年3月から、周辺住民から騒音をめぐる計23件の通報や相談が寄せられていたという。


自分の近所にこんなのがいたらと考えると、たまりませんね・・・。

周りの人らは相当ストレスを感じていたでしょうね。

これでしばらく静かになるでしょうが、こんな罪ではすぐ戻ってきて、また繰り返されるのではないかと思うと心配ですね。
2019年06月11日| Edit
Copyright © 気になるニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます